無職の方がYahoo japan カード申込時に選択できる職業

Yahoo!JAPANカードは無職の方でも作れます。無職の私が作ったときの記入例を書いています。

年収のない専業主婦もYahoo japan カードは作れます

Yahoo japan カードは専業主婦の方が多く作っています

Yahoo japan カード(以下、YJカード)は、他のクレジットカードと同じように原則として18歳以上で安定した継続収入のある方が申し込むことができます。

しかし、申込む本人に収入がなくても(年収0万円であっても)、配偶者に年収のある方は、申込むことができます。このため、専業主婦の方は、YJカードを申し込むことができます。

実際に、収入のない専業主婦の方で、YJカードを作ったという方は、インターネットをみても多くいます。全てが正しい情報でないにしても、YJカードは専業主婦の方にとって作りやすいクレジットカードの1つといえそうです。

YJカードの審査の特徴

審査時間は短く最短で2分

YJカードの審査で特徴的なことに審査完了まで早いということがあります。

最短で2分と公式ホームページにあります。

2分では審査担当者が詳細に検討する審査は行えません。信用情報機関に登録されている情報と申込みの際に記入された情報を自動的に照合して、問題がなければ審査に通していると考えられます。

私がYJカードを申し込んだときの経過は、無職の方がYahoo japan カード申込時に選択できる職業にあります。私の場合は、審査に2分ではなく数時間かかりましたので、人の目によるチェックが入ったと思いますが、それでも数時間しかかかりませんでした。

審査は通りやすい

YJカードの審査は甘めで通りやすいと推測されます。

審査が厳しいクレジットカード会社であれば、2分で審査を通すことはしないでしょう。

私のような低い属性(収入などの個人情報の総称)でも、審査に通りましたし、そのような話は、インターネット上に多くあります。

専業主婦の方の審査に通る記入例

YJカードの審査は落とすための審査という感じではないでしょう。無難に普通に記入していけば、問題なく審査に通ることが多いと思います。

しかし、普通でないことを誤って記入したり、うっかり記入すると、YJカードでも、審査に通りにくいかと思います。

特定の項目について、ある記入をすると、その時点で最短2分の審査ではなく、担当者による審査に変わる項目もあるでしょう。

注意した方がよい記入項目をあげてみます。

 

ご職業

収入のない専業主婦の方は、職業は「専業主婦(夫)」を選択してください。

職業で専業主婦を選択

職業に「専業主婦(夫)」を選択することにより、「前年度ご本人様税込み年収」の記入が不要になります(項目自体が消えます)。

本人年収の記入が不要

主婦の方であっても、十分な年収がある方は、職業に「専業主婦(夫)」を選択すると、年収の記入ができなくなります。該当される方は少ないように思いますが、年収の多い主婦の方で年収を記入したい方は、他の職業を選択してください。

 

カードのご利用目的(複数回答可)

利用目的は「普段のお買い物等」にのみチェックを入れてください。

「普段のお買い物等」にのみチェック

「会社の経費のお支払い等」に該当される方は少ないと思いますが、こちらにチェックを入れると、審査に落ちやすくなります。会社経営にYJカードを利用する方が支払できなくなるリスクは、ショッピングで利用する方よりも高いからです。

 

配偶者様について

原則としては安定的な収入がある方がYJカードに申し込めます。そして、例外として収入がなくても、配偶者に年収のある方が申し込めます。

専業主婦の方は、例外に該当しますので、配偶者の年収をアピールしないと審査には通りにくいでしょう。

「前年度配偶者様税込み年収」は任意項目で記入が必須ではありません。しかし、ここを記入しないとYJカードとしても、どの程度の与信(ショッピング枠などの信用)を与えてよいか判断がつきにくいです。

前年度配偶者様税込み年収

職業は「専業主婦(夫)」を選択して、「前年度配偶者様税込み年収」を空欄にして審査に通ったという方もインターネット上にはいましたが、この方法は審査に落ちるリスクが高いと思います。

信用情報機関には配偶者の情報も登録されていますので、「前年度配偶者様税込み年収」を空欄にしても、配偶者情報を照会して審査に通しているのかもしれませんが、記入した方が無難でしょう。

「前年度配偶者様税込み年収」の金額ですが、世の中の平均年収があれば問題がないと思われます。少ないと思われる方は、少しくらい多く書いても問題がありません。

例えば年収360万の方が400万と書くようなことは一般的には許容範囲とされています(所得証明といった証拠書類を求められることはありません)。

給与以外の臨時的性格の収入も含めても大きな問題はないでしょう。ただし、極端に大きな金額の場合は、不自然になりますので、給与のみでよいでしょう。

 

預貯金額

「預貯金額」も任意項目になりますが、できれば記入したいところです。

預貯金額

記入したいところですが、「なし」や「10万~49万円」といった低額を選択するくらいなら、空欄の方がよいでしょう。

「預貯金額」で、どの金額を選択しても、調査されたり、通帳(残高証明)の提示を求めらることはありませんので、実際よりも少し大きな金額を選択しても、それほど問題はありません。

審査に通りたい方であれば、「300万以上」の選択をおすすめしますが、実際と大きく違うので選択できないという方は空欄でよいかもしれません。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ 【YJカード】

YJカードのメリット

実際にYJカードを作った私が思うYJカードのメリットについて書いてみます。

入会キャンペーンでもらえるTポイント

YJカードを作るときに、Tポイントがもらえます。審査に通った時点で3,000P、その後、1度利用して4,000Pもらえます。

入会時に付与されたTポイント3,000P

審査に通るとカード発行前に3,000Pもらえます。こちらは通常のTポイントです。私がTポイントを付与されたときのTポイント通帳です。

 

追加でもらったTポイント4,000P

YJカード発行後、利用により、もらえる4,000Pは、期間限定の少し使いにくいポイントですが、それでもお得です。私がYJカード利用によりもらったTポイント4,000Pの通帳になります。

合計7,000Pは、全て利用させてもらいました。満足しています。

 

なお、年会費は無料です。

入会時のTポイントの特典が欲しくてYJカードを作られる方は多いと思います。私もそうでした。

注)入会キャンペーンの内容は、定期的に変更されています。現在のキャンペーンは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ 【YJカード】

 

Tポイントカードとしても利用できる

YJカードはTポイントカードとしても利用できるので、私は、便利に使っています。

既にTポイントカードを持っていて、そちらを中心に使われている方は、あまりメリットはないかもしれません。

YJカードの利用により還元されるポイントはTポイントで受け取ることになります。還元率は1%なので、良い方ではないでしょうか。Tポイント加盟店での利用では、Tポイントカード利用とYJカード利用の両方のポイントで還元率は2%になります。

Yahoo関係のサービスでお得

Yahoo!ショッピングといったYahoo関係のサービスの利用で、ポイントが多くもらえます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用はポイント3倍になっていますので、これらのサービスを利用される方には、おすすめできます。

 

私の場合は、入会でTポイントの特典もありましたし、カード利用でのポイント還元率も高いので、Tポイント加盟店での買い物を中心に利用している状況です。

まとめ

YJカードは、年収のない専業主婦の方からの申込みを歓迎しているクレジットカード会社といってよいと思います。

入会でのTポイント付与の特典を受け取りたい方、Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用の多い方に、おすすめできます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ 【YJカード】

Pocket

公開日:2016/01/25