無職の方がYahoo japan カード申込時に選択できる職業

Yahoo!JAPANカードは無職の方でも作れます。無職の私が作った際の記入例などを紹介しています。

無職の方がYahoo japan カード申込時に選択できる職業

Yahoo japan カードの入会で最大7,000円相当のポイント配布中

<追記>

キャンペーン内容は、定期的に変わります。お手数ですが、現在のキャンペーン内容は、公式ホームページで確認ください。

おおむね7,000円相当以上のキャンペーンが継続中ですが、付与されるポイント数、ポイントの種類は、キャンペーンによって違います。

 

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ 【YJカード】

<追記終わります>

 

無職の私が、Yahoo japan カード(以下、YJカード)を作りました。

YJカード申込時に選択できる職業をまとめましたので、よろしければ、参考にしてください。

YJカード

実際に作ったカードです(映りがよくなくて、すみません)。

 

注)以下のキャンペーン内容は、私の申し込み時のものです(過去のキャンペーンです)。

 

入会キャンペーンが、すごいことになっています。

年会費無料にもかかわらず、申し込むだけで、Tポイントが3,000Pもらえます。

審査は、最短2分で終わります。審査がすぐに完了すれば、2分後に、3,000PがYahooJAPAN IDに登録されているTポイントカードに付与されます。

 

YJカード審査完了の画面

 

私が、YJカードを作ったときの審査状況の確認画面です。私の場合は、2分後ではなく、申込後、約3時間で審査が完了しました。

 

ポイント通帳にも、すぐに反映されますので、当日から使うこともできます。

Tポイント通帳

 

カード発行後、1度利用すれば、追加で4,000Pもらえます。

合計で7,000円相当の7,000Pになります。カードを作り、初回利用だけでも7,000Pもらえますので、非常にお得な入会キャンペーンになっています。

 

私も追加で4,000Pもらっています。同じ日に2,000Pずつに分けて付与されていました。

追加でもらった4,000P(Tポイント)

追加のTポイントは期間固定ポイントです。使える期間と使える用途が限定されていますので、早めに使ってください。

私は、Yahoo!ショッピングで使いました。

 

注)キャンペーン内容は、数ヶ月ごとに変わります。現在のキャンペーンは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ 【YJカード】

 

YJカードは、無職の方でも審査に通りやすいという情報が、インターネット上に多くあります。

私は、数年前に体を壊して退職し、ほとんど収入がなく無職に近いです。

YJカードは持っていませんので、Tポイントをもらうために、申し込んでみました。

わずかな収入を根拠にして、自営業で申し込むこともできると思いますが、今回は、自営業以外、無職として申し込んでみました。

申込時に職業 “その他” を選択した記入例

YJカード申込時、職業は、記入する形式ではなく、選択する形式になっていました。

無職という項目はありません。代わりに”その他”を選択しました。無職の方が使う項目だと思います。

職業その他

 

本人の年収以外にも、世帯年収の入力が必須です。

前年度世帯収入

本人の年収がない場合でも、世帯全体で審査してくれます。平均的な世帯年収であれば、審査に通ると思われます。

概算値で少し多めの数字を書いて問題ありません。また、年収を調査されることもありません。

 

職業”その他”を選択して、世帯年収によって審査を通す方法ですが、世帯人数を1人と選択すると、前年度世帯年収の入力ができなくなります。

無職で単身の方は、前年度本人年収で判定されますので、この数字が小さいと審査に落ちる危険が高くなります。

 

他にも気をつけたいところがあります。

 

キャッシングサービスは、できるだけ希望しないでください。審査が厳しくなる可能性があります。

キャッシングの申込

他の項目も、事実ならしかたありませんが、一般的ではない選択(または記入)は避けてください。

例えば、カードのご利用目的に「会社の経費のお支払い等」を選択することは、一般的ではありませんので、避けてください。審査で不利になる可能性があります。

迷う項目があれば、無難な方を選択してください。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ 【YJカード】

申込時に職業 “その他” 以外を選択した記入例

私は、職業に”その他”を選択しましたが、収入の少ない方が該当しそうな職業の項目として、以下の項目がありました。

  • 専業主婦(夫)
  • 学生
  • 年金生活者
  • 自営業

 

YJカードの公式ホームページには、申込み資格のある方は、原則として「18歳以上で安定した継続収入のある方」とあります。

ただし、例外として、「本人が無収入でも配偶者に収入のある方」、「学生(高校生を除く)」は、収入がなくても申込みができるとあります。

このため、”専業主婦(夫)”の方、”学生”の方は、年収が0円でも、申し込み可能です。

※未成年の方は、親権者の同意が必要になります。

 

専業主婦(夫)

専業主婦(夫)を選択した申込み画面

学生

学生を選択した申込み画面

年金生活者

年金生活者を選択した申込み画面

自営業

自営業を選択した申込み画面

ご結婚されている方は、男性の場合であっても、職業を”専業主婦(夫)”にする方法もあります。

“年金生活者”の方は、老齢年金の他に、障害年金などで生活されている方も含まれますので、該当される方は選択できます。

なお、職業に、”その他”、”専業主婦(夫)”、”年金生活者”を選択すると勤務先の記入は不要になります。

 

自営業を選択すると、勤務先の情報が求められます。屋号があって記入できる場合はよいですが、ない場合は入力に迷う方もいると思います。

  • 勤務先・・・自営業(できれば業種も書く)
  • 勤務先住所・・・自宅住所
  • 勤務先電話番号・・・自宅の電話番号

屋号がない方は、上記のように書くのが一般的です。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ 【YJカード】

審査は短時間で完了

私の場合は、数時間で審査が完了し、Tポイント3,000Pがもらえました。

また、審査が1、2分で完了した方の話もインターネット上に、多くありました。

YJカードは、入会キャンペーン内容をみても、会員を増やしたい意気込みが伝わってきます。審査も通りやすいでしょう。

YJカードを作るなら、今がチャンスと思います。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ 【YJカード】

 

公開日:2015/09/17